貧困国カンボジア送り出し機構について

カンボジアとは東南アジアのインドシナ半島南部の立憲君主制国家です。気候は熱帯気候に属し降水量は年によってばらつきがあるので、農作物も左右されやすいです。

お手軽なカンボジアの送り出しを「よくわからない」と思っているあなたも、詳しい情報を見れば考え方が変わります。

米、トウモロコシ、緑豆を多く生産しています。

1970年にカンボジア内戦を経て、1993年に誕生しました。



カンボジア国内はかつて内戦の影響で地雷と不発弾が埋まっており危険地域の多くに危険標識がたてられているのですが、カンボジアの子供たちは、母国語のクメール語が読めず入ってしまい命を落とします。
十分な教育を受けられず貧困層が多いのが問題となっています。

そんな発展途上国を支援するのが送り出し機構です。


日本側の受け入れ組合と契約を結び、研修生を日本に派遣します。


たくさんの送り出し機構がありますが送り出し機構はまず会社でIQテストをし、面談に合格したものが日本語の勉強やしつけを研修されます。


この時粗悪な行動をしたもの退学になってしまいます。



研修を通過したものだけが発展国で仕事を任されるのことになります。

そして発展国で労働し高い技術を身につけその国の発展を担う人を教育し国が潤い国の人たちが豊かになることを目的としています。

派遣されたカンボジア人は地方出身のシャイな方が多いですが家族や仲間を大切にし、協調性があります。
年配のかたを敬うなど気配りを怠らない点なども日本人に似ており、素朴で温厚な性格のかたが多いです。


また勤勉で穏やかな性格で日本の企業からは高い評価を得ています。