カンボジアの人材派遣の事情

カンボジアは7割以上が農業に携わっている農業国で、近年、日本企業の進出が増加しています。

労働賃金が低いという特徴から、製造関係の工場が多くあり、さらにサービス業界でも、首都のプノンペンに日本のショッピングモールが進出しています。

ただし最近では、カンボジアでも賃金の向上が見られ、今度の外資追加投資を控えている企業もあります。

逆に、カンボジア人に研修を行ってから、日本に人材派遣するという団体もあります。

お手軽なカンボジアの人材派遣の情報はこちらです。

現地で丁寧に日本語教育を施し、最低限の社会マナーの研修をしてから人材派遣を行うので、企業の中で立派な労働力として活躍しています。


日本に憧れを持っている若者も多いため、人材派遣で就職した青年たちは、皆熱心で勤勉です。


まじめで年長者を敬うという人々が多いのも特徴で、コミュニケーションのトラブルもありません。

就労中に、担当者によるカウンセリングや労働相談も行われています。

技能実習生の受け入れ企業も増えており、大手の送り出し機関もあります。



送り出し機関では、受け入れ企業のニーズに合わせた研修なども随時行っています。


カンボジアでは内戦があったために、40歳から60歳の年代が少ないという特徴があります。

そのため若者の人口比率が多いのですが、現地では職場が少ないため、積極的に国外への人材派遣を考えています。



他に、タイなどの東南アジア圏からも実習生が訪れており、外国人技能実習生の受け入れ企業は増加しています。